トピックス

県大会4強の武田、工大高に快勝 秋季広島県高校野球

2020/9/19

【武田―工大高】二回、武田2死一、二塁、徳田の適時打で先制のホームを踏む二塁走者振本(右)

 夏の県大会ベスト4の武田は工大高を5―1で下し、2回戦に進んだ。

 武田は投打で1年生の活躍が目立った。武田ではエースナンバーの「10」を背負った右腕内野は7回1失点の好投。「ピンチでも焦らず、落ち着いて投げられた」と振り返った。

 打線は1番住吉、5番振本、9番徳田が計7安打で4打点をマーク。3安打の振本は「低めの球は見極め、甘い球をフルスイングできた」と強調した。

 数年前から平日50分の効率的な練習が注目を集め、新チームは県外などから独自の指導を求めて集まった部員ばかり。夏の結果に満足している様子はない。振本は「平日にできないことは練習試合で実戦してきた。絶対に春の甲子園に行きたい」と決意を口にした。

【関連記事】

広島大会の結果

秋季広島大会地区予選の組み合わせ決まる


この記事の写真

  • 【武田―工大高】四回、武田1死三塁、道下が中前打を放ち、5―0とリードを広げる
  • 【武田―工大高】四回途中から登板し、八回まで無失点に抑えた工大高の小田

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧