地域ニュース

【未来への軌道 錦川鉄道30周年】<5>担い手たち 運行や修繕、若手継承(2020年8月2日掲載)

2020/9/19 16:35
吉田課長(右)の指導を受ける野坂さん。9月の試験に向け猛勉強中だ

吉田課長(右)の指導を受ける野坂さん。9月の試験に向け猛勉強中だ

 「あのシリンダーの中に噴射ノズルが入っているからな」

 「車体の構造が分かっていないと異常事態に対応できないぞ」

 7月初旬。錦川鉄道の吉田裕志運輸課長(43)が、同社で運転士を目指す野坂優希さん(23)に車両を見せながら指導をしていた。廿日市市出身の野坂さんは、7月に入社したばかりの新人だ。

▽JR組 定年迫る

 大学卒業後、別業種の会社で働いていた野坂さんだが、錦川鉄道が運転士を募集していると聞き転職した。錦町も錦川清流線もなじみはなかったが、子どもの頃から憧れた運転士になりたい一念だった。今は9月の資格試験に向けて勉強が「仕事」だが、乗客に顔を覚えてもらおうと窓口業務にも精を出す。

 鉄道事業に携わる社員は20人で、このうち運転士は8人中4人が20〜30代。3人いるJR出身者はいずれも60歳前後で、同社生え抜きの若手だけで運行する時代はもうすぐそこだ。安全に関わる仕事だけに、運転士の松田輝久さん(28)は「ベテランがいつまで会社にいてくれるのか。不安はある」と打ち明ける。
(ここまで 441文字/記事全文 1021文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧