地域ニュース

91歳、書と歩む日々 東広島の新仏さん

2020/9/19 22:56
「荒城の月」の一節を書く新仏さん

「荒城の月」の一節を書く新仏さん

 東広島市八本松町原の新仏照琴(しんぶつ・しょうきん)さん(91)は、3歳から始めた書道を今も続けている。「書が私の人生」と話し、集大成として来年開催する予定の個展に向け、創作に打ち込む。
(ここまで 94文字/記事全文 529文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧