• トップ >
  • >
  • 【ゲレンデの行方 島根からの報告】<下>競技 琴引フォレストパーク、人工雪が育成・強化の武器

トピックス

【ゲレンデの行方 島根からの報告】<下>競技 琴引フォレストパーク、人工雪が育成・強化の武器

2020/9/23 7:54

今冬の営業が決まった琴引フォレストパーク

 ▽貴重な練習場所 充実模索

 島根県飯南町の町有スキー場「琴引フォレストパーク」は、危ぶまれた今冬のオープンにめどを付けた。運営する指定管理者で、飯南トータルサポートの福岡一樹マネジャー(45)は「家族や競技者などスキーを愛する人が楽しめる環境を準備し、多くの人に訪れてもらいたい」と意気込む。新型コロナウイルスの感染対策ではガイドラインを作成し、レストランでのアクリル板の設置などで万全を期す。

 昨年度は暖冬の影響で、1991年の開業以来、来場者が初めて2万人を割った。2014年度から6年連続で赤字が続く。町は初めて県に財政支援を要望し、承諾を得る。今月18日、昨年度の赤字約2300万円を穴埋めする補正予算案の可決にこぎ着けた。
(ここまで 317文字/記事全文 1285文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事