トピックス

島根県浜田市で50代男性が感染、新型コロナ

2020/9/24 13:40

県庁で浜田市で初の感染確認について記者会見する丸山知事

 島根県は24日、新たに浜田市在住で50代の団体職員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は、8月25日以降、約1カ月ぶりとなる。現在、この男性以外に感染者はいない。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 県によると、男性は軽症という。19日にのどに違和感があり、20日にせきと38・4度の熱が出た。発熱が続いたため、23日に保健所に相談し、抗原検査で陽性が判明。より精度の高いPCR検査も受け、夜に陽性が確認された。

 男性は発症2日前の17、18日は市内で勤務しており、県は複数の接触者がいるとして幅広くPCR検査を実施する。男性は不特定多数の人と接触する仕事ではないという。

 また、男性は20、21日に出雲空港(出雲市)から飛行機で千葉県に出張。浜田市内に戻った後は、自宅で過ごしていた。県は、出張は発症後だったとして千葉県内での感染の可能性は低いとみており、感染経路の調査を進める。飛行機の同乗者には個別に伝えるとしている。

 島根県内での確認は138人目。県西部での確認は、8月9日に益田市の40代男性が確認されて以降、2人目となる。

 丸山達也知事は県庁で開いた記者会見で「感染自体は、県内どこでも起こり得る状況。特段、感染が広がっている認識ではないが、浜田市で初めての感染確認に、市民は緊張感を持って受け止めていると思う。感染拡大防止に、市と連携して全力で取り組む」と話した。

コロナ検査3・7倍に増強へ 島根県、インフル流行に備え

コロナ禍の解雇・雇い止め3000人超す 11日時点の中国地方、3カ月余りで3倍

修学旅行先、広島は減り山陰増 コロナで延期の島根県内小学校

JR西の観光列車「銀河」が出発 コロナで4カ月運行延期

立正大淞南高クラスター収束宣言 松江市長、寮の3密が原因か


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧