地域ニュース

松江城天守、構造見やすく 展示物減らし内部リニューアル(2018年7月29日掲載)

2020/9/24 15:49
展示を一新した城内

展示を一新した城内

 国宝松江城天守(松江市殿町)内部の展示がリニューアルされた。展示物の陳列が中心だった従来の手法を一新し、特徴的な天守の構造そのものを鑑賞できるようになった。約30年後に予定する大規模改修の費用を賄うため、市は8月1日から登閣料を一部値上げする。

 1611年完成の天守は、地下1階地上5階建て。1階の面積は447平方メートルと、江戸時代以前築城の天守が現存する12城では姫路城(兵庫県姫路市)に次ぐ広さを誇る。

 市は2〜3月、城内にあった163件(総重量約20トン)の展示物を搬出。鉄砲や弓矢で攻撃するための窓「狭間(さま)」や、石を落として敵の侵入を防ぐ「石落とし」など、これまで展示物で隠れていた構造を間近で鑑賞できるようにした。

 6〜7月中旬に再搬入を終えた展示物は、松江藩主松平直政から家臣に宛てた手紙や、登城の時刻などを知らせた太鼓、内堀に架かる北惣門橋の模型といった、松江城に関係の深い20件(同約4トン)に厳選。展示物を減らすことで耐震性の向上にもつながるという。

 また、城の構造や歴史などを日本語や英語、中国語、韓国語の4カ国語で解説するパネルを新たに設置。すべての階で同一だった館内放送も、各階ごとに構造の特徴を説明する内容に変更した。友人と4人で訪れた米子市夜見町の主婦倉田智恵子さん(64)は「以前は展示物に目が行っていたが、城そのものも見られて楽しかった」と話した。

 8月からの登閣料は、高校生以上が670円(110円の値上げ)、30人以上の団体は530円(90円の値上げ)。小中学生は280円(団体220円)に据え置く。(口元惇矢)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧