地域ニュース

相次ぐ善意、危機脱す コロナで資金難の広島大馬術部、活動制限も緩和

2020/9/24 21:00
広島大の馬場で騎乗練習に励む部員(東広島市)

広島大の馬場で騎乗練習に励む部員(東広島市)

 新型コロナウイルスの影響で資金難や部員不足にあえいでいた広島大(東広島市)の馬術部が、当面の危機を脱した。ホームページ(HP)などで寄付を募った結果、OBや市民から多額の善意が寄せられた。大学の取り決めによる活動制限も緩和され、全国大会の開催も決定。部員に笑顔が戻ってきた。
(ここまで 138文字/記事全文 667文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧