地域ニュース

国側/安全保障面を強調、議員側/不安や対策訴え F35B追加、岩国市議会全協

2020/9/24 23:20

 米軍岩国基地(岩国市)への最新鋭ステルス戦闘機F35Bの追加配備計画を巡り、岩国市議会は24日、全員協議会を開き、防衛省の担当者から計画の内容を聞き取った。国側が安全保障上の意義を強調する一方、議員からは生活環境が悪化する不安や負担に応じた地域振興策を求める声が相次いだ。
(ここまで 137文字/記事全文 843文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧