• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【詳報・河井案里被告第13回公判】(9月24日)矢立安芸太田町議証言<3>瞬間湯沸かし器のような代議士。神経をすり減らして付き合っていた

地域ニュース

【詳報・河井案里被告第13回公判】(9月24日)矢立安芸太田町議証言<3>瞬間湯沸かし器のような代議士。神経をすり減らして付き合っていた

2020/9/25 2:03

 検察官 興奮した状態だったと言ったが、ばかにされているとも言った。具体的な気持ちは。

 証人 私も小さい町ですから、町議会議員として活動しておりましてもちろん他者から活動に寄付していただいて、政治活動にしようとしたことはなかったです。そういうことを信条としておりませんので、こういう経験は、しかも現職の国会議員からお金をもらって私を動かすようにすることに本当に屈辱的で、残念で、ばかにされました。本当に頭にきて、お金で動く人間ではないとやってきました。克行代議士にそれをやられたことが残念で、侮辱的だと感じました。

 検察官 返すべきだと思っていたのに、検察官に持って行ったか。

 証人 はい。

 検察官 克行被告にどうして返さなかったか。
(ここまで 317文字/記事全文 2001文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧