トピックス

安来市で新たに1人感染 新型コロナ、同市確認は初

2020/9/25 14:54

県庁での会見で、「正しい知識、判断に基づく冷静な行動を」と県民たちに呼び掛ける丸山知事

 島根県は25日、安来市在住で日立金属安来工場(同市)に勤める20代男性会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。軽症という。同市内での確認は初めて。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 県によると、22日に体のだるさがあり、23日から37度の熱やせき、嗅覚異常が続いたため24日に保健所に相談。PCR検査を受けて分かった。

 男性は12、13日にかけて米子市から高速バスで大阪府経由で関東方面に旅行し、東京都、神奈川県で18日まで過ごした後、羽田空港から出雲空港(出雲市)に飛行機で戻った。19、20日も日帰りで鳥取県に出掛けていた。島根県は「関東で感染した可能性はあり得る」としている。

 また、男性は当初、微熱などの症状だったため22、23日は出勤していた。不特定多数の人と接触する業務ではなく、勤務時はマスクをしていたという。県は濃厚接触者たちの調査を急ぎ、幅広くPCR検査を実施するとしている。

 県内での新たな感染者の公表は、24日に約1カ月ぶりとなった浜田市の2人に続き、2日連続。25日、県庁で記者会見した丸山達也知事は「今は、感染拡大防止と経済回復を両立する局面。感染自体を完全に防ぐのは難しい。あり得ることが連続して起こっただけで、急激に感染が広がっている状況ではない」と強調した。

 県内の現在の感染者は計3人。累計では140人となっている。

【関連記事】

浜田市でさらに1人感染、24日計2人に 新型コロナ、50代男性の同居人

島根県浜田市で50代男性が感染、新型コロナ

コロナ検査3・7倍に増強へ 島根県、インフル流行に備え

コロナ中傷防止へ条例 島根・美郷町が方針、県内初

島根県がイベント人数制限延長 コロナ対策、9月末まで


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧