地域ニュース

阿字和紙継承へ講習会 府中市協和地区の住民、途絶えた伝統の技復活

2020/9/27 15:59
西本さん(手前右)から紙すきの技術を教わる参加者たち

西本さん(手前右)から紙すきの技術を教わる参加者たち

 府中市協和地区の住民でつくる協和元気センターが今月、地元特産だった「阿字(あじ)和紙」づくりの担い手育成を始めた。若者向けの講習会を月1回開き、半世紀前に途絶えた伝統の技術を継承する。体験型の観光客誘致や、はがきや名刺などの商品化も目指す。
(ここまで 121文字/記事全文 616文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧