地域ニュース

茶文化発展へ不昧しのぶ 松江 月照寺で200回忌法要(2017年4月24日掲載)

2020/9/28 20:16
茶文化の発展に尽力した不昧の200回忌法要

茶文化の発展に尽力した不昧の200回忌法要

 松江藩7代目藩主で、江戸後期の大名茶人として知られる松平治郷(号・不昧(ふまい)、1751〜1818年)の200回忌法要が23日、松平家の菩提(ぼだい)寺、月照寺(松江市外中原町)であった。約250人が参列し、不昧がけん引した茶文化の発展を祈願した。

 華やかな衣装を身に着けた幼稚園児らが墓前の祭壇に花を手向けた後、参列者代表6人が焼香して手を合わせた。住職らは、茶道関係者が持ち寄った約200個の茶せんを火の中に投げ入れ、供養した。

 1955年から命日の4月24日前後に実施する茶せん供養に合わせ、市内の茶道5流派でつくる松江茶道会と官民の不昧公200年祭記念事業推進委員会が開催。茶道会の鷦鷯(ささき)修一会長は「茶のたしなみは生活に溶け込み、わびさびの風情は現代に色濃く残っている」と不昧の功績をたたえた。(西村萌)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧