• トップ >
  • トピックス >
  • 呉市15人、江田島市1人感染 広島県、28日の新型コロナ 呉の2小学校と認定こども園休業

トピックス

呉市15人、江田島市1人感染 広島県、28日の新型コロナ 呉の2小学校と認定こども園休業

2020/9/28

呉市役所

 広島県で28日、新型コロナウイルスの感染者が計16人明らかになった。呉市で15人、江田島市で1人。海上幕僚監部はこの日、海上自衛隊呉地区所在部隊に勤務する40代の隊員2人の感染を発表した。呉市の15人に含まれるとみられる。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 呉市によると、15人は児童2人と園児1人を含む。通学・通園する昭和南小と吉浦小、認定こども園だいしんを29日から当面4日間、臨時休業にする。そのほかの内訳は、10代2人、20代1人、30代3人、40代2人、50代2人、70代1人、90代1人。今のところ重症者はいないという。

 呉市在住者の感染公表は25日からの4日間に計45人に上る。

 江田島市は40代の1人。県によると、23日に発症し、せきや喉の痛み、頭痛のほか肺炎の症状があるが、重症ではない。27日にPCR検査で陽性と判明し、同日に県内の病院に入院した。発症前2週間以内に九州地方から訪れた人と市内で複数回接触していた。広島、呉市で起きた各クラスター(感染者集団)との関連は今のところ認められないという。

 江田島市在住者の感染公表は4月6日以来、約半年ぶりで2人目。 

【関連記事】

呉市、新型コロナ接触者追跡調査を強化 3日間で30人、飲食店クラスターも発生

呉市がPCR検査装置導入、28日から運用 感染者移送車も

呉市、さらに14人感染 新型コロナ、飲食店クラスター 広島県内、27日は16人感染


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧