地域ニュース

三次市吉舎、シカ対策実る ヒガンバナ復活の兆し

2020/9/29 21:10
ヒガンバナの復活の兆しが見えてきた群生地

ヒガンバナの復活の兆しが見えてきた群生地

 シカの食害と思われる影響で、昨年はヒガンバナがほとんど開花しなかった三次市吉舎町辻地区の群生地で、今年はかつての5割ほどの数の花が咲きそうだ。シカの侵入を防ぐネットと金網で群生地を囲ったことが奏功し、地元の農家は「復活の兆し」と、胸をなで下ろしている。

 約15アールの群生地「彼岸花の里」は、地元の住民グループ辻ハ組営農集団(7戸)が25年ほど前から草刈りなどの世話を続け、年間約3千人が訪れる名所として知られてきた。2017年春に群生地で草を食べるシカが初めて目撃されて以降、シカの出没が相次ぎ、同年と19年はほぼ花を付けなかった。18年は4割ほどだった。
(ここまで 280文字/記事全文 648文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧