地域ニュース

住宅地3年ぶり下落 広島県内地価、商業地は微増

2020/9/29 21:10

 広島県が29日にまとめた基準地価調査(7月1日時点)で、県内の住宅地は3年ぶりに下落した。商業地は5年連続で上がったが、0・1%増にとどまった。県地価調査鑑定評価員の中村真二代表幹事(59)は「新型コロナウイルスの感染拡大で、先行きの不透明感が広がっている」と分析。今後も感染状況によっては、影響が続くとみている。
(ここまで 158文字/記事全文 998文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧