地域ニュース

B型事業所醸す発泡酒 尾道・あづみの森、11月発売目指す

2020/9/29 23:00
釜に入った麦芽と湯をかき混ぜる職員

釜に入った麦芽と湯をかき混ぜる職員

 尾道市の社会福祉法人「あづみの森」が29日、同市高須町の施設で「地ビール」の醸造を始めた。中国地方の社会福祉法人が運営する就労継続支援の事業所では初の取り組み。発泡酒の酒造免許を今月取得した。商品名などを今後決め、11月の発売を目指す。
(ここまで 119文字/記事全文 553文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧