地域ニュース

和牛遠隔肥育、益田モデルへ 放棄林地に放牧、ICT活用実験開始

2020/9/30 10:00
放棄林地に放牧されている黒毛和牛を視察する丸CEO

放棄林地に放牧されている黒毛和牛を視察する丸CEO

 放棄林地に放牧した和牛をICT(情報通信技術)を活用して肥育する実験が、益田市喜阿弥町で始まった。ベンチャー企業支援のリバネス(東京)が、鹿児島大や地元の牧場の協力で実施。出荷までの手間や飼料代を減らし、良質で安価な牛肉の生産と放棄地の有効活用の両立を図る。ノウハウを確立して「益田モデル」として全国展開を目指す。
(ここまで 158文字/記事全文 692文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧