地域ニュース

田んぼアートでニコちゃん出現 山口市、コロナ終息願い

2020/9/30 21:04
妙見地区にお目見えした「ニコちゃん」の田んぼアート

妙見地区にお目見えした「ニコちゃん」の田んぼアート

 山口市仁保下郷の妙見地区に恒例の田んぼアートがお目見えした。今年は新型コロナウイルスの終息を願い「ニコちゃん」マークをかたどった。

 約500平方メートルの田んぼに黄金色に輝くもち米の中に赤米と緑米で描いた直径約3メートルのマークが秋風に揺れる。小型無人機ドローンで上空から眺めると、笑顔が鮮やかに浮かび上がる。

 地元住民グループが地域おこしに約10年前から始めた。ことしは6月から地元住民たちが作業。10月半ばに刈り取る予定だ。発起人の久保紀夫さん(81)は「台風の影響もなくきれいに形が出ている。みんなで楽しんでほしい」と呼び掛けている。(山下悟史) 

【関連記事】

田んぼアート公園、22年春に開業延期 安芸高田市、コロナ対策を優先

田んぼアート公園整備 寄付好調

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧