地域ニュース

【陸上】桐生や多田、男子100決勝へ 日本選手権、女子やり投げ佐藤V

2020/10/1 23:05
男子100メートル準決勝1組で、10秒27の1着で決勝へ進んだ桐生=左端(撮影・山崎亮)

男子100メートル準決勝1組で、10秒27の1着で決勝へ進んだ桐生=左端(撮影・山崎亮)

 陸上の日本選手権は1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで開幕し、男子100メートル準決勝で1組の桐生祥秀(日本生命)は10秒27の1着で2日の決勝へ進んだ。2組は多田修平(住友電工)が10秒23で1着、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が同タイムの2着。小池祐貴(住友電工)は10秒28の1組2着で通過した。
(ここまで 154文字/記事全文 838文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 女子やり投げで初優勝し表彰式で笑顔を見せる佐藤
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧