• トップ >
  • トピックス >
  • 80代の元保険外交員、19億円不正取得 周南の第一生命分室勤務時

トピックス

80代の元保険外交員、19億円不正取得 周南の第一生命分室勤務時

2020/10/2

第一生命保険の西日本マーケット統括部徳山分室が入るビル

 保険大手の第一生命保険(東京)は2日、周南市の西日本マーケット統括部徳山分室に勤めていた元保険外交員の80代女性が少なくとも顧客21人に架空の取引を持ち掛け約19億円をだまし取ったと発表した。周南署に刑事告発し、全容把握へ調査しているという。

 同社によると、女性は「高金利が適用される特別枠で運用する」などと架空の取引話で10年以上にわたり顧客から現金を集めた。被害者の大半が山口県内だという。

 顧客からの指摘を受けた社内調査で発覚し、7月3日に女性を懲戒解雇した。当時の役職は特別調査役。同社は対策本部を設け、女性を通じて契約した顧客に被害の確認を続けている。

 広報部は「お客さまに多大なご迷惑をお掛けし深くおわび申し上げる。警察の捜査に全面的に協力し、全容解明に向けた調査と再発防止に取り組む」と陳謝している。

 8月12日に告発を受理した山口県警本部は「告発事実の立証に向けて捜査を進めていく」としている。

【関連記事】

運び屋「100万円を500回」 裏バイト、生活費に充当

カード決済端末機の不正利用疑い 広島中央署が全国初摘発

「ネットヤミ金」横行 超高金利・下着写真を要求…個人間のトラブル増

持続化給付金「申請代行する」 受給資格ない大学生に不審な勧誘、広島県内

サイバー犯罪相談最多 半年間、山口県警「巣ごもり」影響か


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧