トピックス

広島県で8人感染 2日の新型コロナ、世羅在住者は初確認

2020/10/2 23:05

広島県庁

 広島県で2日、新たに8人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。呉市の6人、広島市の1人、世羅町の1人。同町在住者の感染確認は初めて。

 呉市の6人の内訳は、10代1人、20代、30代が各2人、40代1人。いずれも軽症か無症状。市によると、市内2カ所で発生したクラスター(感染者集団)に直接に加わるケースはなかったが、6人のうち5人は関係者から派生的に感染したとみられるという。

 広島市の1人は30代。市によると、9月25日から発熱などの症状が出た。軽症で、感染経路は分かっていないという。

 世羅町の1人は50代。県によると、9月29日に熱や全身のだるさ、のどの痛みの症状が出た。軽症という。広島市がこれまでに発表した感染者の知人で、発症数日前にマスクを着けずに会話したという。

 また、もみじ銀行は2日、世羅町の感染者が、甲山支店に勤務する社員だと発表した。同行によると渉外担当で、発症後は勤務していない。勤務中はマスクを着けていたという。

【関連記事】

呉の歓楽街でPCR検査始める 市と広島県、従業員や客を対象 飲食店クラスター受け

呉のコロナ感染、60人以上がクラスターに由来か 飲食店と老健施設

広島県内の入院・療養者、連日100人超す 53日ぶり3桁

呉の飲食業界に深刻な打撃 クラスターが追い打ち、閉店も相次ぐ

接触した児童、全員が陰性 新型コロナ、呉市の3小学校 こども園は3日から再開

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧