地域ニュース

【陸上】桐生6年ぶりV 日本選手権男子100

2020/10/2 23:58
男子100メートルを6年ぶりに制し、観客に手を振る桐生(撮影・山崎亮)

男子100メートルを6年ぶりに制し、観客に手を振る桐生(撮影・山崎亮)

 陸上の日本選手権第2日は2日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムなどで行われ、男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)が向かい風0・2メートルの決勝を10秒27で制した。6年ぶり2度目の日本一。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒28で2位。小池祐貴(住友電工)が3位、飯塚翔太(ミズノ)が4位だった。
(ここまで 152文字/記事全文 986文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 女子ハンマー投げで2連覇を果たした渡辺
  • 池崎
  • 田阪
  • 福部
  • 北木
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧