• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【詳報・河井案里被告第15回公判】(10月2日)岡崎県議証言<8>告示より3カ月前が、警察の捜査対象になるという暗黙のルール

地域ニュース

【詳報・河井案里被告第15回公判】(10月2日)岡崎県議証言<8>告示より3カ月前が、警察の捜査対象になるという暗黙のルール

2020/10/3 1:15

 【裁判長の尋問】

 裁判長 3カ月ルールとは。

 証人 取り締まりが告示より3カ月前が、警察の捜査対象期間になるという暗黙のルールです。告示日3カ月前から気を付けないといけない。そういう法律はないのですが、取り決めと思っていました。

 裁判長 何に気を付けるか。

 証人 選挙のお金、贈答、特にそうしたことに気を付けます。

 裁判長 お金のやりとりを含むか。

 証人 はい。

 裁判長 仲間内でお金を受け取るよりお酒を受け取るのが駄目だと。

 証人 お酒を受け取るのはお祝いで振る舞うので違反になるとずっと理解していました。

 裁判長 今は。

 証人 もちろん間違った解釈と思っています。

 裁判長 3月30日に案里さんより期数も年も上、女性からもらう状況に違和感と言ったが、何に違和感があるのか。
(ここまで 337文字/記事全文 1638文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧