地域ニュース

児童・園児、2人が感染 呉コロナ、10代の県立学校生も

2020/10/3 19:34
呉市役所

呉市役所

 呉市は3日、新型コロナウイルス感染が新たに分かった市内の8人について、記者会見で説明した。8人は児童、園児各1人と、広島県西部の県立学校に在籍する10代1人を含む。休校から再開のめどが立った小学校もあるが、教育現場への影響はなお収まらない。

 児童、園児が在籍するのは川尻小(川尻町久俊)と、ひかり幼稚園(上山田町)。当面6日まで臨時休校・休園とする。県立学校は、個人が特定される恐れがあるとして学校名などは公表しなかった。

 これまでに児童2人の感染が分かった白岳小(広駅前)と、児童1人の感染が分かった昭和南小(焼山此原町)吉浦小(吉浦中町)は休校していたが、3校とも関係者全員の陰性が確認できたため、5日から再開する。ただし白岳小は、濃厚接触者が多かった学年について9日まで部分休校を続ける。

 同市では9月26日に児童1人の感染を初確認。園児・児童の感染者は2日までに計7人となった。

 また3日夜、市と市内の飲食業界4団体は、繁華街の店や事務所約200カ所を巡り、チラシを配るなどして感染防止策の徹底を呼び掛けた。市内の飲食店でのクラスター(感染者集団)発生を受けた啓発活動。(三浦充博) 

【関連記事】

呉市で新たに8人感染 児童、園児計2人含む

広島市で新たに5人感染 新型コロナ

福山で新たに1人感染 新型コロナ、市内の会社員男性

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧