地域ニュース

現庁舎保存か解体か、移転後の再調査検討 江津市、議論進まず結論延期

2020/10/4 23:01
保存か解体か、議論が進まない江津市の現庁舎

保存か解体か、議論が進まない江津市の現庁舎

 江津市役所の現庁舎を保存するか解体するかの議論で、市が当初目指した2021年3月の新庁舎完成までに結論を出す見通しが立っていない。建築物として価値がある半面、維持管理には多額の費用がかかるため、市内部にも両論がある。市は議論を仕切り直そうと、移転した後に建物の耐久性や費用の再調査を検討している。
(ここまで 149文字/記事全文 1025文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 五輪銀の吉村選手と交流試合 山口の野田学園中高卓球部

     山口市の野田学園中高で3日、同校卓球部員がリオデジャネイロ五輪の男子団体で銀メダルを獲得した吉村真晴選手(27)ら卒部生5人と交流試合をした。新型コロナウイルスの影響で試合中止が続いた部員に思い出づ...

  • 子ども食堂で100円弁当販売 広島・中区、調理の助言も

     広島市中区南竹屋町の広島ガスショールームを会場にした子ども食堂で、子どもに必要な栄養バランスを考えた弁当を100円で販売する取り組みが3日、始まった。27世帯63人が来場し、広島県産食材をふんだんに...

  • 消防高屋分署、近大敷地に 東広島市、予定地変更で損失

     東広島市が開署計画を進めている高屋地区の東広島消防署高屋分署について、近畿大工学部(高屋うめの辺)の敷地の一部に建設することが決まった。同分署は当初、高屋町杵原の休耕田を候補地として地権者と交渉して...

  • 笠岡諸島走ってPR 運送会社がラッピング車両

     日本遺産の笠岡諸島(笠岡市)をPRする同市の運送会社によるラッピングトラックが、お目見えした。笠岡諸島の島々や同遺産の構成文化財などのカラー写真を、車両に搭載するコンテナボックスにデザインしている。...

  • 移住者囲み定住対策探る 三次市、各地で市長と座談会

     三次市は、新型コロナウイルスの影響で開催を見合わせた市政懇談会の替わりに、移住者を囲んだ座談会を各地で開催している。市は本年度に改定する地方版総合戦略に「2030年に人口5万人堅持」を掲げる方針を示...