地域ニュース

<メモ>百日裁判

2020/10/5 14:06

<百日裁判> 公選法は選挙の効力や政治家の公民権に関わる訴訟の結果を早く確定させるため、当選が無効になる連座制適用の可能性がある場合、起訴から100日以内に一審判決を出すよう努めると規定する。昨夏の参院選広島選挙区の大規模買収事件では、検察当局が克行被告は選挙運動の総括主宰者、案里被告は候補者本人として、連座制の適用対象に当たるとしている。一方、克行被告側は「選挙運動全般を掌握、統括しておらず、総括主宰者には該当しない」と反論している。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧