• トップ >
  • トピックス >
  • 二階幹事長が広島県議証言否定 「案里被告が幹事長から預かった」

トピックス

二階幹事長が広島県議証言否定 「案里被告が幹事長から預かった」

2020/10/6 12:02

自民党本部で会見する二階幹事長(6日午前10時43分)

 昨年夏の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で河井案里被告(参院広島)から30万円を受け取った広島県議が東京地裁の公判で「案里被告が幹事長から預かってきたと話した」と証言したことについて、自民党の二階俊博幹事長は6日の記者会見で「全然存じておりません」と否定した。

 検察側の証人で今月2日に証言したのは岡崎哲夫県議。県議選で無投票当選が決まった翌日の昨年3月30日、案里被告が府中市内の岡崎氏の事務所を訪れ「当選おめでとうございます。二階幹事長から預かってきた」と、30万円が入った封筒を机に置いたと述べた。

 二階幹事長は会見で案里被告の言動について問われると「とてもこの場で言及するに及ばない種類の発言だ」と話した。その話の前に、林幹雄幹事長代理は質問をさえぎるように「事実はない」と繰り返した。

【関連記事】

「二階幹事長から」と案里被告が現金 河井夫妻買収事件公判で岡崎県議証言

二階幹事長、林氏くら替え報道「反党行為どうなるか」 衆院山口3区

自民「説明責任」どこへ 河井夫妻起訴1カ月

河井夫妻への辞職要求 現時点で対応せず 二階氏


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧