地域ニュース

サル・イノシシ、ICTで捕獲 府中市が実証実験、わなの柵を遠隔操作

2020/10/6 21:05

 府中市は6日、農作物を鳥獣被害から守るためスマートフォンやパソコンを使って遠隔操作で監視、捕獲するシステムの実証実験を同市阿字町で始めた。福山市、広島県神石高原町を含む県東部農林水産事務所管内では、情報通信技術(ICT)を活用したモデル事業は初めて。人口減少や高齢化が目立つ同町で地元町内会を中心に1年をめどに試行し、効率性や効果を確かめる。
(ここまで 172文字/記事全文 757文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • サル捕獲用の囲いわなを組み立てる住民たち
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧