トピックス

【ひと まち】詐欺を防いだ父思う心

2020/10/6 23:31

広島南署の感謝状を受け取った菊池さん

 住宅街にある広島市南区の段原東浦郵便局。9月5日午後3時すぎ、現金自動預払機(ATM)の前で順番を待っていた菊池修さん(47)=東区=は、携帯電話で話しながらATMを操作するおばあさんが気になって仕方なかった。「特殊詐欺ではないのか」。おばあさんに近寄ると、「早く電話を切って」と求めた。

 頭をよぎったのは、大分県別府市で一人暮らしの父だった。安否確認のため仕事の合間に電話をしては「何かあったらすぐに相談してよ」と伝えている。被害が相次ぐ特殊詐欺も心配の種だ。「警察を呼びましょう」と促す菊池さんに耳を貸そうとしないおばあさんの説得を続け、広島南署に通報した。捜査の結果、特殊詐欺と判明した。

 同署によるとこの日、おばあさんの携帯電話に電話料金に関するメールが届いた。おばあさんがメールにある番号に電話をすると、通信会社をかたる男に「手違いで26万円を引き落としたのでATMで返金操作を」と言われた。郵便局に行き、ATMの前で再び電話し、指示されるがままに操作した。菊池さんが声を掛けたのは、まさにその時だった。

 今月1日、被害を防いだとして同署から感謝状を受け取った。おばあさんは80代で1人暮らしと聞き、「弱みにつけ込む犯罪は許せない」との思いを強くした。同署によると、コンビニ店員や金融機関の職員が被害を防ぐケースは増えているが一般市民は珍しい。

 菊池さんは広島中央自動車学校(西区)の教官で、応急救護の講習も担当。日頃から生徒に積極的な行動を促している。「特殊詐欺を防ぐには、人命救助と同じく人ごとと思わず勇気を持って行動すること」。父にも早速、今回の件を報告した。(寺本菜摘)

【関連記事】

「グラウンドの詐欺師」元カープ達川さん、特殊詐欺防止に一役

パソコンにうその警告 「サポート詐欺」被害後絶たず

【断て特殊詐欺】運び屋「100万円を500回」 裏バイト、生活費に充当


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 広島県で感染者発表ゼロ 4カ月ぶり (2/28)

     広島県で27日、新型コロナウイルスの新たな感染者の発表数が約4カ月ぶりにゼロとなった。県によると、県内で発表がないのは昨年11月3日以来という。 県と、保健所がある広島、呉、福山の3市の公表数がいず...

  • 山口県で3人感染、27日の新型コロナ (2/28)

     山口県で27日、新たに3人の新型コロナウイルス感染が確認された。いずれも周南市の20代会社員男性と20代無職女性、10歳未満の女性。3人は18日に海外から帰国し、福岡空港での検疫では陰性だった。

  • 岡山県で1人感染、27日新型コロナ (2/28)

     岡山市は27日、1人の新型コロナウイルス感染を明らかにした。伊原木隆太知事は同日の記者会見で「新規感染者数や病床、近隣県の状態が落ち着いてきた」と述べ、県内の感染状況がステージ2(漸増)からステージ...

  • 島根、他県連携に望み コロナ巡る経済支援で政府と溝 (2/27)

     ▽聖火「ひも付け」壁に 島根県の丸山達也知事が県内での東京五輪聖火リレーの中止検討を表明し、政府に新型コロナウイルス対策を要請した事態を巡り、両者の溝が浮き彫りになっている。感染者の少ない地域の飲食...

  • 「五輪ありき」広がる違和感 島根県の丸山知事発言、SNSで共感 (2/27)

     ▽「地方無視では応援できない」 島根県の丸山達也知事による聖火リレーの中止検討の表明は、会員制交流サイト(SNS)上でも反響を呼び、発言のたびに書き込みが相次ぐ。17日の表明から10日間、新型コロナ...