地域ニュース

アーチェリー、車いすでも 廿日市の国際ランド、山中の競技場をバリアフリー化

2020/10/7 15:57
路面の起伏が激しいフィールドアーチェリー場を案内する戸野代表。CFで一部を舗装する予定

路面の起伏が激しいフィールドアーチェリー場を案内する戸野代表。CFで一部を舗装する予定

 廿日市市津田の佐伯国際アーチェリーランドが、山を歩いて巡りながら弓を射る「フィールドアーチェリー」の競技場のバリアフリー化を進めている。路面を舗装するなどして障害のある人も楽しめるようにして普及を図る狙い。クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。
(ここまで 129文字/記事全文 634文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧