地域ニュース

【バスケットボール】<ドラフラスタイル>39歳朝山、「初勝利」へ違和感

2020/10/8 17:52
A東京戦に向けて練習する朝山

A東京戦に向けて練習する朝山

 B1初勝利を喜ぶ周囲に、朝山は違和感を覚えている。「歴史的な1勝なのは分かるけど、B1でやれるかやれないかを知るために昇格したんじゃない」。39歳の主将にとって、B1は通用するかどうかではなく、プレーオフ進出を懸けて勝負する舞台だった。

 王者A東京が相手でも、その姿勢は変わらない。「確かに完成度の高いチームだと思う。ただ、B2の上位と戦う時と僕の感覚的には変わらない。(強い相手と)意識せず、普段通りの力を出したい」と冷静に見据える。胸を借りるのではなく、あくまでライバルチームの一つとして戦うつもりだ。

 スタメンの座をマーフィーに譲っているのは、勝負を決める大事なところに力を残すため。「整理を付けて試合に入っている。会場が息をのむところで決めるのが自分のポジション」。勝負どころのシュートを決め、勝利を積み重ねるつもりだ。(矢野匡洋)
(試合前日に掲載します)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧