地域ニュース

二上りおどり軽やかに 福山、保存会会長が児童に実演

2020/10/9 7:57
二上りおどりを児童に披露する星野さん(右端)

二上りおどりを児童に披露する星野さん(右端)

 福山市北吉津町の桜丘小6年生40人が8日、江戸期から続く夏の風物詩「二上(にあが)りおどり」と「福山とんど」を学んだ。福山市古典芸能保存会の星野由幸会長(89)から踊りの由来や思いを聞き、地元の伝統文化に触れた。
(ここまで 107文字/記事全文 414文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧