地域ニュース

アプリとAI、健康指導 広島県内3市町で広島大など産学、国保加入者の生活分析

2020/10/12 22:57

 スマートフォンのアプリと人工知能(AI)を使い、国民健康保険(国保)の加入者に健康指導をする取り組みが近く、東広島市と広島県安芸太田、北広島両町で始まる。広島大(東広島市)を代表とする産学グループが、運動や食事などの細かな生活データを集めて分析。これまでの手法と比べて高い精度や効率で、病気の予防につなげてもらうのを目指す。
(ここまで 163文字/記事全文 714文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧