地域ニュース

【詳報・河井案里被告公判第18回公判】高山県議証言<4>弁護士の名前で書留で返した

2020/10/14 1:49

 検察官 差し出したやりとりの他のやりとりは。

 証人 案里さんは「これは受け取れません」とすぐに帰り支度をしました。お金については何も触れませんでした。

 検察官 封筒の中身について尋ねられたか。

 証人 ありません。

 検察官 克行被告のことは聞かれたか。

 証人 ありません。

 検察官 なぜ返すか聞いてきたか。

 証人 ありません。

 検察官 案里被告は受け取りを断ったと。

 証人 断りました。

 検察官 中身は分かっていると思ったか。

 証人 よく分からんが、分かっていると思いました。

 検察官 克行被告がなぜくれたのか、案里被告は分かっていたか。

 証人 うーん。多分分かっていたと思います。

 検察官 どうしてそう思えたのか。

 証人 当選祝いを含められていたのかも。分かりません。

 検察官 そのときの案里被告の態度から思うことは。

 弁護人 異議あり。証人は分かりませんと答えた。誘導尋問だ。

 裁判長 誘導が混じっているので違う聞き方に変えてほしい。

 検察官 改めて、この時点で案里被告は封筒の中身を知っていて分かっていると思ったか。

 証人 はい。

 検察官 そう感じた理由は。

 証人 普段通りの河井さんだったから。

 検察官 分かっていると。

 証人 はい。

 検察官 それで封筒を返すのをやめたのか。

 証人 右側に置いてあった案里さんのバッグに入れました。案里さんは机に置いてさっと帰りました。追いかけたけど、追いつけませんでした。

 検察官 諦めたと。

 証人 はい。

 検察官 それから封筒はどうしたのか。

 証人 机の中に入れました。案里さんが受け取らないので、克行さんに返す方法を考えた。打つ手がなく、私用でちょこちょこ使った気がします。
(ここまで 711文字/記事全文 1818文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧