地域ニュース

放棄地再生、ゴボウ農地に 府中市の組合、来秋の初収穫目指す

2020/10/14 9:59
ゴボウ畑の候補地で草を刈る竹内組合長(手前)たち

ゴボウ畑の候補地で草を刈る竹内組合長(手前)たち

 府中市諸田地区の農家でつくる諸田ごんぼう組合が、特産ゴボウの農地を拡大させるため耕作放棄地の再生に取り組んでいる。かつてゴボウ畑だった地区内の放棄地を借りて草刈りに着手。組合が共同で栽培や管理を担い、生産量アップを目指す。将来的に新規就農者や移住者への貸し出しも視野に入れる。
(ここまで 139文字/記事全文 482文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧