地域ニュース

町内会に若手の発想 尾道の東土堂町に移住、誰が会長でも回る組織に力

2020/10/16 10:07
町内会の防災訓練で、消火栓の場所を座って確かめる亀井さん(前列左)たち

町内会の防災訓練で、消火栓の場所を座って確かめる亀井さん(前列左)たち

 尾道市中心部の東土堂町に移住してきた30、40代の若手住民が、町内会の運営を担っている。地域の高齢化が進む中、「役員1人が背負う仕組みでは続かない」と新たに執行部をつくって引き継いだ。新参の住民も協力しやすく、誰が会長になっても組織が回る自治会のあり方を探っている。
(ここまで 134文字/記事全文 811文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧