地域ニュース

ドローンでイノシシ探索 尾道・因島三庄町の対策隊、わな設置効率化に期待

2020/10/16
ドローンで撮影した、元かんきつ畑周辺。線で囲った部分が獣道とみられる場所(野犬・イノシシ対策隊提供)

ドローンで撮影した、元かんきつ畑周辺。線で囲った部分が獣道とみられる場所(野犬・イノシシ対策隊提供)

 デジタル機器を活用したイノシシ捕獲に取り組む尾道市因島三庄町の住民グループ「野犬・イノシシ対策隊」が、小型無人機ドローンを使った探索を始めた。上空から見れば、人が足を踏み入れにくい山中で土を掘り返した痕跡や通り道を探しやすいことに注目。わなの設置場所の参考にし、効率的な捕獲につなげる。
(ここまで 144文字/記事全文 692文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 畑と耕作放棄地が入り交じる山手でドローンを操作するメンバー(右)たち
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧