• トップ >
  • トピックス >
  • 性的虐待、実父を提訴 広島の40代女性「幼少―中学時に被害」

トピックス

性的虐待、実父を提訴 広島の40代女性「幼少―中学時に被害」

2020/10/17 0:22

訴状を手に、思いを打ち明ける女性(撮影・大川万優)

 幼少期から中学生の頃まで性的虐待を受け、今もフラッシュバックなどの後遺症に悩まされているとして、広島市の40代会社員女性が70代の父親に対し、1100万円の損害賠償を求め、広島地裁に提訴した。第1回口頭弁論が16日にあり、被告側は一部否認し、請求棄却を求めた。

 訴状などによると、原告女性は保育園児の頃からわいせつな行為を強要され続けた。女性が抵抗し、中学2年の時に行為は終わったが「長期間、実の父から姦淫され続けた原告の肉体的、精神的苦痛は、計り知れない」と訴えている。

 被告側は答弁書で、性交や体を触るなどのわいせつ行為をしたことは認めたが、女性側が「週3、4回程度」とした頻度など一部を否認。行為が終わった時期は「小学4、5年の頃」と主張し「行為から20〜30年を経過して心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの後遺症が発現することは医学的にあり得ない」とした。

 さらに、不法行為から20年経過すると賠償請求権が消えるという民法の「除斥期間」を理由に「損害賠償請求権は消滅している」と主張。一方、女性側は「(20代で)独立して実家を出る時期まで、訴訟提起は事実上不可能だった」としている。


【関連記事】

胸の内打ち明ける女性「黙ってたら変わらない」

「女性はいくらでもうそをつけますから」杉田議員の発言 自民党本部の責任重い

#KuToo共感広がる 就活・仕事でのパンプスはマナー?

パワハラが怖い 指導か暴言か、世代間でずれ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧