地域ニュース

広島西飛行場跡スポーツ広場、人工芝の少年野球場へ 23年度完成、サッカー転用可

2020/10/17
多目的スポーツ広場の完成イメージ図

多目的スポーツ広場の完成イメージ図

 広島市は、西区の県営広島西飛行場跡地に整備する多目的スポーツ広場の基本設計の概要をまとめた。少年野球やサッカー用に人工芝を中心とした約3.6ヘクタールのグラウンドを設ける。2022年度を目指していた完成は工程を精査した結果、23年度となる見込み。同年度中に使用開始する。

 県と市の共有地に整備する「スポーツ・レクリエーションゾーン」(約7ヘクタール)の北側半分を活用する。少年野球とソフトボールに使えるグラウンド4面を設置。内野を除いて人工芝を敷き、外野を中心にサッカー場2面にも転用できるようにする。照明や管理棟、トイレ、用具倉庫も備え、少年野球なら県大会レベル、ソフトボールなら全国大会などに対応できる施設となる見込み。

 市は本年度一般会計当初予算に6800万円を計上。基本設計は今月内に、詳細設計を本年度内に終え、21年度から用地造成に入る。

 市は16年、プロ野球の広島東洋カープからスポーツ広場整備に向けた寄付金4億円を受けて検討を本格化した。ポスティングシステムを使って米大リーグに移籍した前田健太投手の譲渡金の一部で、球団がスポーツ広場の整備に充てるよう要請していた。

 しかしその後、県が西飛行場跡地南端の共有地を、見本市や国際会議など「MICE(マイス)」を開く施設の候補地に位置付けたため、市はスポーツ広場の整備計画を一時休止していた。今年1月に県がMICE設置の見送りを決定し、市は本年度から広場の整備を再開した。レクリエーションゾーンの残る南側は野球場とする構想を描いている。(新山創)

【関連記事】

大和ハウスが広島西飛行場跡地に物流施設 中四国最大、21年11月完成

スポーツ広場整備を再開へ 広島西飛行場跡地の再開発計画

広島県「MICE」建設の見送り表明 巨額投資困難と決断

「ヒルトン広島」のデザイン発表 22年春完成目指す

広島、紙屋町・八丁堀と広島駅周辺「特定地域」に格上げへ 中四国初、税制優遇手厚く


この記事の写真

  • 広島市が基本設計の概要をまとめた多目的スポーツ広場の用地(手前の一部)を含む広島西飛行場跡地(撮影・安部慶彦)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • カープ70周年 主力10選手の切手セット20日発売

     日本郵便中国支社(広島市中区)は20日、広島東洋カープの球団創立70周年を記念した切手セットを発売する。グラウンドで躍動する今季の主力選手10人をデザインした。 63円切手のシールタイプの10枚セッ...

  • コロナ下の学生、念願の交流 県立広島大100周年

     ことし建学100周年を迎えた県立広島大(広島市南区)は17日、同区のマツダスタジアムで節目の「PRデー」を開いた。新型コロナウイルス禍でオンライン授業が続き、前期は通学できなかった学生や大学院生10...

  • 色とりどり装飾でお出迎え 大和ミュージアム

     呉市宝町の大和ミュージアム前広場に17日、花の装飾がお目見えした。マリーゴールドやサルビア、ゴールドクレストなど約10種類で演出。全国都市緑化ひろしまフェア(ひろしま はなのわ 2020)の一環で、...

  • 精神科の開放病棟廃止 JA吉田総合病院が病床再編

     安芸高田市吉田町のJA吉田総合病院は、精神科の開放病棟(58床)と、敷地内の老人保健施設「のぞみ」を来年3月末で廃止する。手術後の回復期の患者などが入院する地域包括ケア病床を2倍近くに増床。今後の人...

  • コロナ終息願い空高く 庄原で手作りたこ揚げ

     新型コロナウイルスの終息を願い、手作りたこを揚げるイベントが17日、庄原市の国営備北丘陵公園であった。奈良時代に天然痘の終息を祈った儀式にちなんで奈良市の平城宮跡歴史公園が呼び掛け、全国11カ所の国...