地域ニュース

【バレーボール】JT広島、大分三好下して開幕2連勝 Vリーグ

2020/10/18 17:05
【JT広島―大分三好】第2セット、JT広島の小野寺(2)がブロックを決め23ー14とする(撮影・安部慶彦)

【JT広島―大分三好】第2セット、JT広島の小野寺(2)がブロックを決め23ー14とする(撮影・安部慶彦)

 バレーボールのVリーグは18日、大分市の昭和電工武道スポーツセンターなどであり、男子のJT広島は大分三好をストレートで下して開幕2連勝とした。

 今季の特徴であり、原監督が「過去には記憶にない」という同一カード2連戦。互いに前日の傾向と対策を分析し、ぶつかり合った。メンバーを前日から大きく入れ替えた大分三好に対し、JT広島は小野寺やエドガーら主力はそのままで、武智に代えて井上慎を先発に起用した。

 結果はJT広島の完勝。「(前日の)相手のデータを上回るプレーをしなければいけない」と語っていた小野寺は、この日チーム最多の6ブロックポイント。井上慎は12得点のエドガーに次ぐ11得点の活躍を見せた。指揮官は「全員が最後までアグレッシブにプレーしてくれた」と満足そうだった。

【関連記事】

【バレーボール】JT広島、原監督体制でいざVリーグ開幕戦 OB指揮は22季ぶり 粘り・タフさで挑む

【バレーボール】JT広島、新ユニホーム披露 リーグ開幕へ必勝祈願も

【バレーボール】JT広島、開幕戦白星

バレー、久光やJTなど勝つ Vリーグ1部が開幕



この記事の写真

  • 【JT広島―大分三好】第3セット、JT広島の西がスパイクを決め8―4とする
  • 【JT広島―大分三好】開幕2連勝し記念撮影するJT広島の選手

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧