地域ニュース

「中国山地」の価値捉え直す 年刊誌発起人・元記者の森田さんに聞く

2020/10/18
「暮らしている人が見たこと感じたことを記録していきたい」。「みんなでつくる中国山地」を手にして語る森田さん

「暮らしている人が見たこと感じたことを記録していきたい」。「みんなでつくる中国山地」を手にして語る森田さん

 今月創刊した年刊誌「みんなでつくる中国山地」は、島根県在住の研究者やジャーナリストたちの議論を出発点とする。中国山地の暮らし、地域課題に向き合うビジネス、地元住民や移住者たちのつながりを記録する。31日には仲間を加えた「百年会議」を設立し、学び合いの講座などのプロジェクトも進める。発起人の一人である元地方紙記者で、邑南町職員の森田一平さん(52)=同町=に意義を聞いた。(高橋清子)
(ここまで 193文字/記事全文 1051文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧