• トップ >
  • トピックス >
  • ジャズトランペッター近藤等則さん死去 原爆ドーム付近で核兵器廃絶願う演奏

トピックス

ジャズトランペッター近藤等則さん死去 原爆ドーム付近で核兵器廃絶願う演奏

2020/10/18

死去した近藤等則さん

 即興演奏のジャズトランペット奏者として活躍した近藤等則(こんどう・としのり、本名俊則=としのり)さんが17日午後8時45分ごろ、川崎市内で死去した。71歳。愛媛県出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長男空太(くうた)氏。

 京都大卒業後に上京し、フリージャズ奏者として活躍。渡米し、著名な音楽家らと共演した。1980年代、自ら率いたバンドIMAで人気を集め、CMなどにも出演。93年には拠点をアムステルダムに移した。

 大自然の中で即興演奏するプロジェクト「地球を吹く」や、戦争と核兵器の廃絶を訴える「ピカドンプロジェクト」にも取り組んだ。代表作にアルバム「337」など。

 2010年には、広島市中区の原爆ドーム対岸の元安川畔で、核兵器廃絶の願いを込めたパフォーマンスにも参加した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧