地域ニュース

旅するチョウ、安佐北区可部に飛来 アサギマダラ、関東から九州へ

2020/10/19 21:01
フジバカマの花に止まって羽を休めるアサギマダラ

フジバカマの花に止まって羽を休めるアサギマダラ

 広島市安佐北区可部町綾ケ谷に、「旅するチョウ」として知られるアサギマダラが飛来している。秋の七草の一つで、休耕田に薄いピンクの花を咲かせるフジバカマの上を舞っている。

 アサギマダラは、黒や茶色の縁取りに淡い水色の羽を持つのが特徴で、羽を広げると長さ約10センチ。10匹以上が日中に蜜を吸ったり、飛び交ったりし、日が暮れると裏山に飛び去る。

 地元の造園業原田恭三さん(76)が昨年1月、アサギマダラの生息できる環境をつくろうとフジバカマの苗を休耕田に植えた。すると同10月に約60匹が舞ったという。飛来は2年連続。

 原田さんは「25日ごろまで見ることができると思う。このサイズで長距離を飛ぶのは不思議だなあ」と見守っていた。

 市森林公園こんちゅう館(東区)によると、アサギマダラは夏場に関東の山間部で過ごし、越冬のため九州南部に南下する。その途中で中国地方を通るとみられる。(重田広志)

【関連記事】

危険察知すると死んだふり アサギマダラの生態学ぶ

周防大島の花畑にも飛来


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧