地域ニュース

元石川県議供述調書<2>公明党に配慮した原稿に修正指示された

2020/10/19 22:43

 克行被告の部屋にあらためて呼ばれました。野々部さんとは入れ替わりで、私と克行被告の2人になりました。克行被告は「電話作戦が(7月)4日から。前田さんから原稿をもらって、集計、報告は全て私にするように。LINE IDを教えて」と言ってきました。野々部さんからは「事務所の人たちは細かく指示されて困っている。LINEのIDは教えない方がいい」と言われていましたが、教えました。克行被告からは速やかに発送するよう指示されました。前田さんに相談して、原稿と集計表を印刷しようとすると「共有フォルダーにある」と教えてくれました。克行被告の過去の電話作戦の原稿を案里被告用にアレンジしました。電話の時期、作戦は克行被告が変更を加えました。7月4日から7月21日まで毎日、電話作戦の取りまとめをしました。候補者への投票を呼び掛ける。有権者の反応を確かめ、票読みで、その重要性を認識していました。内容、地域を細かく指示していたのは克行被告しかいなかったです。成果の報告を求めていたのは克行被告でした。克行被告の方針に基づいて行っていました。スタッフに気持ちよくやってもらうように、飲み物とお菓子を用意しました。克行被告に報告するため、報告書を作成し、内容を集計表にまとめました。
(ここまで 530文字/記事全文 1751文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧