地域ニュース

「石見畳ケ浦」地質の魅力知って 桑田館長、地学教室開設へ

2020/10/20 15:54
移転した石見畳ケ浦資料館内で、地学教室で使う顕微鏡を持つ桑田館長

移転した石見畳ケ浦資料館内で、地学教室で使う顕微鏡を持つ桑田館長

 浜田市国分町の国の天然記念物「石見畳ケ浦」の資料館館長で元島根県地学会会長の桑田龍三さん(82)=同市黒川町=が、11月1日に移転オープンする同資料館(同市下府町)に地学教室を開設する。「実験や観察を通して、全国的に珍しい石見地域の地質の魅力を伝えたい」と張り切っている。
(ここまで 137文字/記事全文 775文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧