トピックス

世羅町長、奥田氏が無投票で3選 町議選は16人立候補

2020/10/20 22:00

無投票での3選が決まり、万歳をして喜ぶ奥田氏(中央)

 任期満了に伴う広島県世羅町長選と町議選(定数12)は20日告示され、町長選は無所属現職の奥田正和氏(57)以外に立候補がなく、無投票での3選が決まった。

 奥田氏は午前9時すぎ、西上原の事務所前で出陣式をした。支持者たち約100人を前に「頑張ってきた8年間を基礎とし、課題にしっかり取り組む4年間にする」と第一声。その後、町内を選挙カーで回った。

 午後5時に立候補の届け出が締め切られると、事務所前で支持者たちと万歳した。「いつまでも住み続けたい日本一の古里にしていく」などと抱負を述べた。

 町議選は現職11人、新人5人の計16人が立候補した。各候補者は町内を巡回し、子育て支援や農業振興を訴えた。党派別は公明党1人、共産党1人、無所属14人。19日現在の選挙人名簿登録者数は1万3500人。25日に投開票される。(神下慶吾)

 奥田正和(おくだ・まさかず)氏 81年に世羅郡農協職員。退職後、04年の旧世羅西町議選に初当選。同年の世羅町議選に当選し、議長などを歴任。12年の世羅町長選で初当選。長田。日彰館高卒。


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧