トピックス

部活遠征で83人処分、鳥取県教委 車使用など内規違反275件

2020/10/21 17:10

 鳥取県教育委員会は21日、県立高の教員が部活動の遠征の際に県教委の内部規定に違反して生徒を車に乗せるなどした事例が12校で計275件あり、教員83人を訓告や口頭厳重注意の処分にしたと発表した。

 うち223件は、県教委が公務とみなしていない練習試合などでの違反だった。残る52件は、大会などの公務での違反という。

 県教委は「不適切な引率事案が数多く明らかになり、極めて遺憾」とする山本仁志教育長のコメントを公表。これまで練習試合の引率は「公務外」とし、マイカーやレンタカー、マイクロバスなどに生徒を乗せて移動することを一律に禁じていたが今回の事態を受け、条件付きで認める方針を明らかにした。

 内規によると、大会などの公務では校長が「やむを得ない」事情があると認めて許可すれば、マイカーに限り、生徒を乗せることができる。

【関連記事】

伝建、終わらぬ復旧 鳥取中部地震21日で4年、所有者の高齢化で二の足

鳥取・大山寺、花を添える和傘 ライトアップ、今年で9回目

妖怪で連携、地域振興 広島・鳥取知事、三次の博物館視察


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧