地域ニュース

避難所の電気、水素車で 周南市、山口県内公共施設で初

2020/10/21 21:00
FCVから市民センターへの給電を実演する市職員

FCVから市民センターへの給電を実演する市職員

 周南市は21日、水素で走る燃料電池車(FCV)から櫛浜市民センターに給電する設備を導入した。災害で避難所となる施設が停電した場合、最大1・5キロワットの電力を送る。山口県内の公共施設で初の取り組み。
(ここまで 100文字/記事全文 463文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧