地域ニュース

原爆ドームの保存工事本格化 足場ほぼ完成、外壁を見えやすく配慮

2020/10/21
保存工事のための足場が組まれた原爆ドーム(21日午前10時20分)

保存工事のための足場が組まれた原爆ドーム(21日午前10時20分)

 世界遺産の原爆ドーム(広島市中区)で、保存工事が本格化している。塗装やひび割れ補修作業のため、建物を囲むように築いた鉄筋の足場がほぼ完成。今回の工事では、外壁が見える状態を保てるよう、飛散防止シートで覆う箇所や時間を最小限に抑える。工事期間は来年3月まで。
(ここまで 129文字/記事全文 662文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧