地域ニュース

竹原市、景観行政団体に 21年度めどに条例、看板色など規制へ

2020/10/22 9:59
竹原市が景観行政団体となり、周辺部も含めた景観保全が期待される町並み保存地区(手前)

竹原市が景観行政団体となり、周辺部も含めた景観保全が期待される町並み保存地区(手前)

 竹原市は、建造物や看板の設置について独自に規制する権限を持つ「景観行政団体」に移行した。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)である町並み保存地区(本町)の周辺など、市全体で景観を守るため。移行は15日付で、来年度中をめどに市景観条例の制定も進める。
(ここまで 127文字/記事全文 581文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧